【1日ルーティン】生後1ヶ月の赤ちゃんの1日をご紹介します。

  • 2020年6月14日
  • 2020年7月13日
  • 育児
無口
どうも。無口です。

僕は整体サロンを経営しながらブログで誰かにとって有益な情報を発信しています。

 

 

最近は生後1ヶ月の赤ちゃんの育児に奮闘中です。

いや〜大変ですね。

 

今回はそんな生後1ヶ月の赤ちゃんとの1日をざっくりとご紹介します。

これから育児にが始まるという方の参考になれば幸いです。

 

【1日ルーティン】生後1ヶ月の赤ちゃんの1日をご紹介します。

今回は時間帯ごとにご紹介していきます。

  • 0時〜5時【しっかり寝てほしい時間帯】
  • 5時〜9時【最も機嫌が悪い時間帯】
  • 9時〜12時【覚醒する時間帯】
  • 12時〜16時【比較的寝てくれる時間帯】
  • 16時〜18時【散歩・お風呂の時間帯】
  • 18時〜24時【よく寝てくれる時間帯】
生後1ヶ月の男の子です。少し大きめです。今のところ完全母乳で育てています。

 

0時〜5時【しっかり寝てほしい時間帯】

  • 授乳回数2回〜
  • オムツ替え1〜2回

基本的にこの時間帯は「90分寝て授乳する」の繰り返しです。

一回で2時間以上はなかなか寝てくれません。

そして授乳するたびにウンチをするので、その度にオムツ替えをします。

 

寝てくれる時は2時間寝てくれますが、1時間以内に起きてしまうこともしょっちゅうです。

何度も泣かれてしまうとこちらも寝れないのでツラいです。

今のところ完全母乳のため、妻は一回の睡眠で2時間以上は寝ることはできないわけです。

 

5時〜9時【最も機嫌が悪い時間帯】

  • 授乳回数2回〜
  • オムツ替え1〜2回

この時間は一回で1時間以上寝てくれることは稀で、寝たと思ってもすぐに起きます。

また、お腹の調子や鼻の通りが悪いようで常に泣いているイメージです。

なので早朝から何かと忙しいです。

 

この時間帯が大変だとわかっているので、親としては「0時〜5時」の時間帯でしっかり寝ておきたいんです。

ちなみに鼻の詰まりはこちらの吸引器のおかげでだいぶ改善しました↓

マジで買ってよかったです!

 

9時〜12時【覚醒する時間帯】

  • 授乳回数1回〜
  • オムツ替え0〜2回

この時間帯はほとんど寝ません。

ほとんど寝ないけど、ほとんど泣かないし、ただただ普通に起きています。

抱っこしてても寝ないし、ほったらかしても一人で起きています。

 

なのでこの時間にたくさんコミュニケーションをとるようにしています。

また、自作メリーで一人で遊んでいてくれます↓

<<<【手作りメリー】三脚を使ってベビーメリーを手作りしてみました

 

12時〜16時【比較的寝てくれる時間】

  • 授乳回数2回〜
  • オムツ替え1〜2回

この時間帯は安定して寝てくれることが多いです。

9時〜12時にずっと起きてるので、さすがに眠いようです。

一回で2時間以上寝ることは相変わらずないですが、逆に1時間以内で目が覚めることも少ないため、自分らは比較的ゆっくりできる時間帯です。

 

16時〜18時【散歩・お風呂の時間帯】

  • 授乳回数1回〜
  • オムツ替え1回〜

気温がちょうどいいので、この時間に少し散歩に連れて行きます。

基本的に外に出てもほとんど寝てます。

 

帰ってきたらお風呂です。

お湯に浸かっている時は気持ちよさそうにしますが、入る前の服を脱ぐ時や出た後に泣きます。

結構激しく泣きますが、逆に激しく泣くのはこの時くらいです。

 

18時〜24時【よく寝てくれる時間帯】

  • 授乳回数2回〜
  • オムツ替え1回〜

お風呂に入った後に授乳をして、19時くらいに寝かしつけます。

大体いつも19時に寝かすと22時くらいまでしっかり寝てくれることが多いです。

1日を通して一回で3時間寝てくれるのはこの時くらいだと思います。

 

22時以降は「1〜2時間寝てから授乳」の繰り返しです。

 

 

 

ということでざっくりとした流れを簡単にご紹介しました。

ご紹介したのはあくまでも最近の状況を平均したものであって、日によっては大きく違うこともあります。

まだまだ生活リズムは整っていません。

 

 

他の子の話を聞くと、うちの子はあまり寝ないようですね。

まあ、これも個性ですから彼がたくさん寝たくなるまで待つのみですね。

もちろんうちの子より寝ない子もいるでしょうし、逆に寝過ぎて心配になるくらいの子もいるでしょう。

どれが正解とかないので、あまり他の子と比べる必要もないのかと思います。

子供の脳は未発達で、不規則な睡眠になるのが当たり前なので、いわゆる「ネントレ」的なことをせず、自然な成長を心がけるべきなのかなと個人的には思います。

>整体を無料で学びたい方・無料で受けたい方

整体を無料で学びたい方・無料で受けたい方

無料で整体を学べる&無料で整体を受けれる企画を始めます。